日渡早紀「ぼくは地球と歌う」1巻 感想(ネタバレあり)

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1 (花とゆめCOMICS)白泉社 2016-02-19 日渡早紀 Amazonアソシエイト by さてさて、新シリーズ「ぼくは地球と歌う」でございます。 「ぼく歌」と略すそうです。 作者の日渡さんは“わずか1/4のたわごと”で“自分でもわからずに「ぼく」の表記をひらがなにした”という意味のことを書いておられますが、私が勝手に想像す…

続きを読む

日渡早紀「ボクを包む月の光」15巻(完)感想(ネタバレあり)

ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 15 (花とゆめCOMICS)白泉社 2015-03-20 日渡早紀 Amazonアソシエイト by さてさて、そろそろ凝り性な部分が出てきて、ようやく刊行ペースに感想が追い付いてまいりました。 と、いうわけで、感想です。 いや~、この”いれぎゅらーばうんど”になってから、やたら紫苑と輪の回想と救済に重きが置かれていくの…

続きを読む

日渡早紀「ボクを包む月の光」11巻 感想ーその2ー(ネタバレあり)

前回からの続きです。 ではいよいよ11巻の感想に参りましょう。 ーカチコの事情ー カチコの出生の秘密も明らかになり、いよいよカチコは母親・母親のダンナ・父、未来路の誰と一緒に暮らすこととなるのか!? さんざんすったもんだしたあげく、出てきた答えは”現状維持”でした。 でもその答が導き出されるまでの間に、大人たちの本音を知ることができたカチコ。 自分のルーツやアイデンティティに…

続きを読む

日渡早紀「ボクを包む月の光」11巻 感想(ネタバレあり)

ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 11 (花とゆめCOMICS)白泉社 2012-06-20 日渡早紀 Amazonアソシエイト by 日渡早紀のまぎれもない代表作といっていいでしょう「ぼくの地球を守って」(何しろ連載時に自分の過去世探しという社会現象まで起こしたくらいですから)の次世代編です。 考えてみたら「動物のお医者さん」の時のシベリアンハスキーブームや…

続きを読む