日渡早紀「ぼくは地球と歌う」1巻 感想(ネタバレあり)


ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1 (花とゆめCOMICS)
白泉社
2016-02-19
日渡早紀

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1 (花とゆめCOMICS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



さてさて、新シリーズ「ぼくは地球と歌う」でございます。
「ぼく歌」と略すそうです。
作者の日渡さんは“わずか1/4のたわごと”で“自分でもわからずに「ぼく」の表記をひらがなにした”という意味のことを書いておられますが、私が勝手に想像するのは、

自分と世界との関わり方の成長につれて1人称がボク→ぼく→僕と変わっていくのかな、と。
だから蓮も今回の物語を通じて、あの時の輪と同じくらいにまで否応なく成長させられてしまうのかなーなどと
漠然と考えております。

物語は“いれぎゅらーばうんど”から4年経過しております。
蓮の身にも大小いろんなことが起きております。
とはいえ、それらの騒動は「平穏」とでも言い換えられる位のものであったのですが・・・。

EPIAからヘンルーカなる謎の少女が、前回、輪を抹殺しかけたビラミッド型の物体を持ち出し、さらに東京タワーを求めて動き出す。そのせいで一度は免れた輪の死の可能性がまたぞろ持ち上がってくるような予兆が・・・。

ヘンルーカの目的は?
輪の運命は?
富士山の役割は?


・・・といったあたりまでの展開です。

でですね。
このヘンルーカってヤツが超ヤバい超能力者なわけですよ。
何しろ他人の能力をコピーできるってんですから。
この能力って、ちょっとググってみればわかりますけど、大体が物語の緊張感をぶち壊すものとして世間的にはとらえられがちな能力なわけです。
一見すると最強の能力に見えますから。

そういう能力を持った敵とバトル(勝負)をして、しかも主人公に勝たせるための敵役の致命的な弱点がよほどうまく描けないと、物語の緊張感が台無しになってしまう危険をはらんだ能力なわけです。

日渡さんもその位のことはとっくにわかった上で、あえてこういう能力者を設定したのでしょうから、信頼して続きを待てばいいのでしょうが、物語の本筋以外の部分でも読者をドキドキさせるとは、やはり一筋縄ではいかんお方ですわ。

いまのところは、そこに富士山がキーポイントとしてからんでくるのでは?と思ってますけどね。

とりあえずは続きを待ちたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック