「ガラスの仮面」50巻が待ちきれない人は「チョコレートコスモス」を読め!



チョコレートコスモス (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-06-23
恩田 陸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by チョコレートコスモス (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



さてさて。

「ガラスの仮面」50巻が発売延期になってから4ヶ月以上が経過したわけですが、いまだ発売日も未定の状態が続き、私も含めたファンの皆さんはヤキモキしていることだと思います。

紅天女の試演を描こうとすると必ず刊行がストップするという何度も繰り返すこの事態に、紅天女には結界でも張られているんじゃないかとの疑いまで頭をよぎるわけですが、こうなってしまった以上、私たちにできる事は腹をくくって待つことだけです。

しかし、ただ待つだけではイライラが募るばかりなので、「ガラスの仮面」ファンで、字を読むことに抵抗のない方ならば楽しめる事受けあいの小説をご紹介します。

恩田陸の「チョコレートコスモス」です。

これは、作者本人が”ガラスの仮面へのオマージュ”と言うだけあって、「ガラスの仮面」の面白さの本質を恩田流アレンジで表現したものとなってます。

演劇にはほぼ素人の佐々木飛鳥、芸能界一家に育ったサラブレッドの東響子、その二人がそれぞれに驚くべき才能と実力を発揮して舞台に、オーディションにと活躍する様を描いてます。

結構長いですが、続きが気になって一気に読んでしまいます。
実は設定がどうとかストーリー展開がどうとかいう以前に、このヒキの強さこそが「ガラスの仮面」にそっくりと言っていいかもしれません。

非常に面白い小説なのに、正当に評価されていない気がする作品なので、ここで紹介しておきます。
ぜひご一読を。

追記
今回紹介しているのはあくまで小説です。
同タイトルのマンガが存在しますので、くれぐれもそれとお間違えなきよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • yoshi

    「ガラスの仮面ですが」を見て無聊を紛らわすなり。
    2013年08月11日 00:05

この記事へのトラックバック