日渡早紀「ぼくは地球と歌う」1巻 感想(ネタバレあり)

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1 (花とゆめCOMICS)白泉社 2016-02-19 日渡早紀 Amazonアソシエイト by さてさて、新シリーズ「ぼくは地球と歌う」でございます。 「ぼく歌」と略すそうです。 作者の日渡さんは“わずか1/4のたわごと”で“自分でもわからずに「ぼく」の表記をひらがなにした”という意味のことを書いておられますが、私が勝手に想像す…

続きを読む

新谷かおる/佐伯かよの「クオ・ヴァディス」18巻感想(ネタバレあり)

QUO VADIS~クオ・ヴァディス~ (18) (バーズコミックス)幻冬舎 2016-03-24 佐伯 かよの 新谷 かおる(原著) Amazonアソシエイト by さてさて、やっとお待ちかねの18巻です←そうでもないか(笑) ま、前巻くらいからようやくシドの目的(人類を造り変える)も明らかになってきて、イエスもアテナもマザー・フレイアも、全てはその目的のためにシドが陰…

続きを読む

「ガラスの仮面」に“誰も予想できない展開”は必要か?

さて、前記事からのつづきです。 美内センセは以前から ガラスの仮面の結末はもう決まっている とおっしゃっておられます。 結末が決まっているのにそこまでたどり着けないというのは、それはもう途中が描けないという事に尽きるわけで、先程はその理由を「紅天女」のストーリーが納得できないからという仮説を立てたわけですが、もうひとつ考えられるのは、 結末までの展開を誰も予想できないも…

続きを読む

「紅天女」って面白くなさそう…でももうこれでいいじゃん!

ガラスの仮面ですが と Z [DVD]ポニーキャニオン 2013-09-04 Amazonアソシエイト by さて、「ガラスの仮面」ですが、進行がストップしております。 と、いっても今に始まった事ではなくて、”忘れられた荒野”が終演を迎えてから、かれこれ15巻以上も次の舞台に立ってない(実際の年月でもおそらく20年以上経過)わけで、刊行ペースの遅さと相まって、ホントに停滞感…

続きを読む

山岸凉子「レベレーション-啓示-」1巻 感想(ネタバレあり)

レベレーション(啓示)(1) (モーニング KC)講談社 2015-12-22 山岸 凉子 Amazonアソシエイト by 待ちに待ってた山岸凉子さんの新作が、ひっそりとだいぶ以前に出ているじゃあ~りませんか。 あわてて即買い。 読んでみるとこれが、ジャンヌ・ダルクの物語。 思わず期待半分、不安半分。 ・・・やっぱりねえ、偉人の伝記風物語というと、「日出処…

続きを読む

槇村さとる「モーメント 永遠の一瞬」4巻 感想(ネタバレあり)

モーメント 永遠の一瞬 4 (マーガレットコミックス)集英社 2016-01-25 槇村 さとる Amazonアソシエイト by さてさて、お久しぶりでございます。 御用とお急ぎでない方は、またのお付き合いをお願いいたします。 さて、槇村さとるさんの「モーメント」ですが、槙村さんお得意のフィギュアスケート物でございます。 とは言いながら、この作品、スポ根マンガにして…

続きを読む

星新一が「特許の品」で予見したもの(ネタバレあり)

ボッコちゃん (新潮文庫)新潮社 星 新一 Amazonアソシエイト by 星新一の作品に「特許の品」というものがあります。 (新潮文庫「ボッコちゃん」に収録) ある日地球人は、宇宙人が作成したとおぼしき装置の設計書を見つける。 恐る恐る造ってみて、いざ使用してみると、とてつもない快感を得られる代物だったのた。 世間の要望に応えて、その装置は量産され、あっという間…

続きを読む

「ガラスの仮面」の刊行が滞っている今だからこそ、美内センセに言いたい事

『ガラスの仮面』究極研究晋遊舎 『ガラスの仮面』国際保存委員会 Amazonアソシエイト by こんな本が出てたんですね。 またもや「ガラスの仮面」の刊行が滞っているので、時間がある時に読んでみたいと思います。 ま、でもその前に、この時期だからこそ思っている事を書いてみようかなと思います。 つまり 美内センセには、読者を結末まで連れて行く義務があると思いますよ …

続きを読む

新谷かおる/佐伯かよの「クオ・ヴァディス」16巻感想(ネタバレあり)

QUO VADIS~クオ・ヴァディス~ (16) (バーズコミックス)幻冬舎 2015-03-24 佐伯 かよの 新谷 かおる Amazonアソシエイト by ま、今まで読んできたので結末は気になります。 けど、この展開どうよ。 イエスの目的がついに明らかに。 それは未来へのジャンプを試みて、父ジョシュアを殺すというものだった。 そして最後の審判の正体は、適応する…

続きを読む

日渡早紀「ボクを包む月の光」15巻(完)感想(ネタバレあり)

ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 15 (花とゆめCOMICS)白泉社 2015-03-20 日渡早紀 Amazonアソシエイト by さてさて、そろそろ凝り性な部分が出てきて、ようやく刊行ペースに感想が追い付いてまいりました。 と、いうわけで、感想です。 いや~、この”いれぎゅらーばうんど”になってから、やたら紫苑と輪の回想と救済に重きが置かれていくの…

続きを読む

成田美名子「花よりも花の如く」13巻 感想(ネタバレあり)

花よりも花の如く 13 (花とゆめCOMICS)白泉社 2014-09-05 成田美名子 Amazonアソシエイト by おやおや、気がついたら発売から半年も経過してたんですねえ。 ま、読んだのは最近だから、これでいいのだ。 ただし、その熱意は推して知るべし(^^;) ・一三五度 よくわからないうちに相場家の菩提寺の話になって、憲人が明石に行く話 ・この三つ…

続きを読む

庄司陽子「悲しみの骸」感想(ネタバレあり)

悲しみの骸(5) (ジュールコミックス)双葉社 2014-12-17 庄司 陽子 Amazonアソシエイト by さて、忘れた頃に更新するこのブログ、今回はあえてこの作品です。 まあ、自分が幻魔大戦の頃からこういう救世主モノが好きってだけですが(^^;) この宇宙の創造主が今の人間の悪行に愛想を尽かして地球を滅ぼそうとしている・・・のだが、最後のチャンスとして一人の女…

続きを読む

AKB総選挙2014について独断で考える

さて。 いよいよ(なのか?)AKB総選挙2014の結果発表が今日あるわけですが。それについて思う事をいくつか。 1.1位は指原で決まりじゃね?  これ去年の結果を見たときから感じてました。  HKTに行って、好感度を上げた結果、九州地方の票を一手に束ねた感がハンパないんですよね。  いくら首都圏が大票田だといっても、その票を何十人で分け合うわけですから、やっぱり不利かなと。…

続きを読む

有吉京子「SWANー白鳥ー[モスクワ編]」4巻(完) 感想(ネタバレあり)

SWAN ?白鳥? モスクワ編 4平凡社 有吉 京子 Amazonアソシエイト by ちょっと他にハマってしまったことがあって、まさに「凝り性だけど飽きっぽい」所を見せていたわけですが、 ちょっとこの作品には触れずばなるまい というわけで、久しぶりに復帰いたしました。 さて。 真澄はエヴァ初号機のごとく、覚醒と解放を始めるわけですが、有吉センセ、ただのサク…

続きを読む

「怒り新党」そろそろ終わりかも?

「マツコ&有吉の怒り新党」が最近失速気味です。 私が考えるこの番組の面白さというのは、怒りメールを材料にしてどれだけ自分たちの引き出しから面白い話を引っ張り出すか、というところだと思うのですよ。 だけど、もう二人とも引き出しという引き出しを開けきった感じがします。 可能な限り全部録画して、トーク部分を何度も見返しているので気づくのですが、二人のエピソードが、以前した事のある話が再度出て…

続きを読む

成田美名子「花よりも花の如く」12巻 感想(ネタバレあり)

花よりも花の如く 12 (花とゆめCOMICS)白泉社 2013-09-05 成田美名子 Amazonアソシエイト by 今回から表紙の装丁が変わりました。 「花とゆめ」本誌以外の作品はこの感じになるみたいですね。 途中から変更しなくても、新作から変えればいいのに。 さて、長かったTVドラマ関連の章がやっと、本当にやっと終了しました。 といっても、新たな登場人物や…

続きを読む

そして今度は有吉旅番組をプライムに放映・・・終わったなフジテレビ

8月のゴールデン、プライムの平均視聴率がとうとうTBSにも抜かれて4位だったフジテレビ。 とうとう有吉メインの旅番組をプライムで放映するという暴挙に出ました。 内容は予想通り、有吉ファンの私でさえ楽しめないものでした。 ただでさえ出演者への接待臭が漂う旅番組を特番として放映するという今時テレ東くらいしかやらない番組を、しかも 何かにつけて文句を言うのが取り柄の有吉をメイン、 仕切り…

続きを読む

「ピカルの定理」は終わるべくして終わった・・・

「ピカルの定理」最終回を初めて1時間ちゃんと見ました。 最終回だけ見て番組を評価するのは不公平だとは思いますが(「はねるのトびら」だって最終回だけを見ればしょ-もなかったし)、やはり最終回を迎えるようなバラエティ番組はもう疲弊しきってグダグダになっているものなんだなあと改めて思いました。 コント集をやってたんですが、”白鳥美麗”とか”ビバリとルイ”などの初期の人気コントをいまだに引っ張ってた…

続きを読む

槙村さとる「Do Da Dancin'! ヴェネチア国際編」13巻(完)感想(ネタバレあり)

Do Da Dancin'! 13 ヴェネチア国際編 (オフィスユーコミックス)集英社クリエイティブ 2013-08-23 槇村 さとる Amazonアソシエイト by 槙村さとる最長連載の「Do Da Dancin'!」最終巻です。 まず最初に思ったのは、 いきなり終わったなあ~ ということ。 ヴェネチア国際編と銘打っているんだから、ここからが佳境でしょうに? …

続きを読む

「アメトーーク!」が最近自分にハマらなくなってきた

アメトーーク! DVD 27よしもとアール・アンド・シー 2013-03-27 Amazonアソシエイト by 毎週欠かさずに録画して何度も見返していた「アメトーーク!」ですが、何か最近見ない回が溜まってきております。 一度見始めたら楽しく見られるのはわかっているのに、見ようとするのに相当な決心が必要とされ「ま、いいか」で済ませてしまっています。 何かテレ朝の番組にそういう気…

続きを読む